保育士は昔「保母さん」と言われていました。

しかし、現在は男性の保育士もたくさん増えてきています。

男性保育士の新卒採用も増えています。

私が実習に行った先の保育園でも、もちろん男性保育士さんはいましたし、友人の勤めている保育園でも男性保育士は2~3人程いるようです。

昔は保育士というのは女の仕事といったイメージがありました。

しかし、シングルマザーの増加にともない、男性の保育士も必要なのではないかということで、男性保育士が増えました。

男性ならではの遊び方、体をたくさん使った遊び方や叱り方ができるため、どこの園でも今はたくさんの男性保育士の新卒採用の募集があります。

しかし、男性ならではの問題もあるようです。

ある園では、プールの授業について保護者の方が「男性の方がいるところで着替えをづるのはどうなんでしょうか?」と訴えてきたといった話しがありました。

その男性保育士はショックでしたが、その後、保護者の方とのコミュニケーションと信頼関係を少しずつ築いていくうちに、そういったクレームはなくなったそうです。

そして、多くの男性保育士が経験していることは、男性保育士のためのトイレと脱衣所がないことです。

朝出勤してきた際に着替えるスペースが、他の女性保育士の方と一緒ということです。

これでは時間をずらして着替えるしかないのでとても居心地が悪かったそうです。

他にも、トイレも子ども用トイレの隣に1つだけある大人用のトイレを使う等するしかなかったそうです。

こういった困ったことがありますが、男性保育士は女性保育士と違い、結婚→出産→辞めるといったことがないので、重宝されます。

男性保育士ならではのダイナミックな遊び方や行動が、子どもの成長にも繋がります。

やはり、子どもたちの成長のためには、男性の行動等もみながら成長していくことpが1番よいとされています。

ですので、シングルマザー等も増えているこの世の中で、男性保育士=女性といった考えはやめて、男性保育士の新卒採用も積極的に行っていくべきであると感じます。

例えば、シングルファザーの相談相手としても、男性保育士1人でもいれば、保護者にとっては心強いものがあるのではないでしょうか。

保育士同士の助け合いの姿を見て、保護者の男性保育士への見方も変わりますし。

なによりも子どもの成長のためには、とても大切なことだと言えるでしょう。

もし保育士を目指している男性の方がいましたら、ぜひ頑張って保育士になっていただきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*